キッチンの工事

キッチンリフォーム業者を選ぶときのポイント

キッチンは家庭の中で最も使用時間や頻度の高い場所です。したがって関連設備の交換や修理、周辺の手直しなどの需要が多く発生するのがキッチンだと言えます。 キッチンリフォームを手掛ける業者は多くいますので、複数の業者に声をかけ、見積り査定をお願いしたうえで、一番適した業者にキッチンリフォームを委託することが重要です。 キッチンのどの部分をリフォームするかで価格は変わります。使用する器具や材料、メーカーなどによっても値段は異なります。安く仕上げることに重点を置くか、機能性やメーカーを重視するか、などもよく考える必要があります。 一般的な相場としては、例えばシンク下に食洗機を設置するのに15万程度、新しい窓を付けると15万程度、有名メーカーのシステムキッチンの設置だと50万から100万円、設備や収納に加え、内装を含めた総合的なキッチンリフォームだと300万円程度は必要でしょう。

台所の水回りの修理が原点でした

キッチンリフォームという考え方は高度成長期に都市部に大量の雇用が生まれ、その結果大量に住宅が作られたことから始まりました。 それらの大量に作られた住宅の老朽化に伴い、リフォーム全体の需要が生まれました。前述したように、キッチンは最も使用頻度の高い場所です。昔は台所の水道修理くらいしか需要はありませんでいたが、今や、高度なシステムキッチンや最新式設備や照明などの導入が普及し始めています。 ガスコンロや電気コンロからIH化が進み、材質も金属系からホーローや大理石やセラミックスへ、収納スペースの考え方も大きく進化しています。 今後は少子高齢化に伴った、長寿社会対応の高齢者配慮型のキッチンリフォームの提案が望まれます。

ページのトップへ戻る