重要なこと

玄関ドアのリフォームにかかる費用は、選ぶドアや元々ついていたドアからの変更によってどれだけの工事が必要になるかで変わってきます。一般的に開き戸を開き戸へ変える場合は即日工事可能で工期も短く簡単な作業で済むため20万円程度が目安となっています。平均でも35万円前後が相場となっているようです。 戸建ての場合でもマンションの場合でも玄関ドアの造りはほぼ同じなので費用の相場もほとんど同じです。目安としては20万円から高くても100万円程度で中心価格帯は30万円前後となっているようです。 玄関ドアに限らず玄関周辺のリフォームも同時に行う場合は戸建て・マンションともに平均で50万円から90万円程度かかるようです。

玄関ドアは年々進化しています。日本の家屋では昔は引き戸タイプが多く全面ガラス張りで木枠が施されているものが多くありました。しかし最近では防犯の面でも機能が向上し光を取り込みながらも安全性が高い玄関ドアが主流となっています。強化ガラスが採用されており不審者に割られにくく作られていたり、内側からしかかけられないカギが標準で装備されていたりとさまざまな機能もついています。 安全性が高い玄関ドアになるほど金額は高くなる傾向にあり、燃えにくい素材や破壊されにくい素材になると更に高くなるようです。 しかし、玄関ドアの質が良くなってもリフォームの工事費自体はあまり変わらず、リフォーム費用は設備の価格によって決まります。

ページのトップへ戻る